引越しにおいて一番安い業者はどこか?本サイトでは引越し費用を限界まで下げる方法をお教えします。

引っ越し 格安 見積もり

引っ越しの裏ワザ〜格安で見積もる方法教えます〜


HOME



引越し費用を下げるための2つのポイント


引越し費用を下げるには大きく2つのポイントがあります。
一つは引越し時期を調整すること、もう一つは自分で運べる荷物は極力自分で運ぶことです。

他にも、ちょっとした細かいアイデアで引越し費用を抑えられます。
出来ることは全て活用して、最安値の引越しを実現させましょう。

1)地域密着型の業者に相談する


引越しは3月頃は4月からの新生活に向けて多くなります。
引越しが多い時期、つまり引越し業者の繁忙期は引越し料金がかなり割高になり、差が大きいところだと閑散期と繁忙期では10倍ほど料金が違ったりします。

※( 一番安い引越し見積もりの詳細 )

また、繁忙期は引越し業者もかなり儲けどきなので、値引き交渉にも応じてくれません。
「嫌なら他の業者に頼んでください」と冷たいものです。

大手引越し業者ほどその傾向が強いので、どうしても3月に引っ越さないといけないのであれば小さめのあまり名前の通っていない地元密着型の業者をおすすめします。

2)荷物を自分で運ぶ


そして2つ目に引越しの荷物を「自分で運んでしまいましょう」ということです。

マイカーに乗せて自分で運ぶのです。
運べるものとして衣類やキッチン用品、テレビ、DVDやブルーレイプレーヤー、電子レンジなどなど冷蔵庫やタンス、ソファーなどの大型の物以外は自分で運ぶようにします。

すると引越し業者が用意するトラックが小さいもので済むため料金も抑えられます。

もし軽トラックなどを借りられる環境であれば、大型家具も運べます。
基本的に素人があまり触らないほうがいい冷蔵庫以外はのせてしまいましょう。

この2つを実践すると引越し費用はかなり格安に抑えることができます。

引越しを手伝ってもらえそうな友人がいるならお願いしてみましょう。
引越し終了後、ご飯をご馳走したりしてお得に済みます。

引越し費用を抑えるためのアイデア5つ


引越し費用を抑えるためのアイデアを5つ紹介します。

1.不要なものはリサイクルショップへ
引越し業者に支払う料金は、荷物を運ぶ距離と荷物の量によって決まります。
そのため不要なものは転居先に持っていかないことでコストを下げられます。

廃棄をするのに料金がかかるものは、リサイクルショップに売って換金することがお勧めです。


2.運べるものは自分達で運ぶ
荷物を減らすための2つめの方法として、転居先がそれほど遠くない場合は、マイカーで運べるものは、まとめて運んでしまいましょう。

3.梱包材料は無料で調達する
荷造りに必要な段ボールや梱包材は、買うと意外とお金がかかるものです。
大型スーパーやドラッグストアに不要な段ボールや使用済み梱包材を無料で譲ってもらうようにしましょう。

4.日程は繁忙期を避けて、荷物の到着日は引っ越し業者の都合に合わせる
年度末など、引越し業者の繁忙期に作業をお願いすると、普段よりも割高な料金がかかるケースもあります。
そのような時期は、出来るだけ避けましょう。

また、転居先に荷物を届けてもらう日程については、引越し業者の都合に合わせると、料金の割引が適用されるケースもあります。

5.転居前の住居が賃貸の場合は、掃除や修復に力を入れる
転居元の賃貸契約を解約する時に戻ってくる敷金が少しでも多くなれば、それを引越費用に充当出来ます。
現状復旧に力を入れて、綺麗な状態で部屋を解約する努力をしましょう。

いかがでしたか?
本格的な引越しでも工夫次第で意外と費用が抑えられることもあります。

そのためには、時間と労力を惜しまないことが大切です。


引越し費用を安く抑える2つのコツ


これから引越しが控えているという方の頭を悩ませる問題の1つに引越しの費用があることも多いのではないでしょうか。

引越しをする際には、その他の出費も多くなりがちで出来るだけ費用を抑えて引越しがしたいという方はたくさんいらっしゃいます。

そこで、今回は引越し費用を限界まで抑えるコツをご紹介します。

1.安い月日を選ぶ
引越し費用を一気に安くする最大のポイントは、引越しの日程です。
あまり知られてはいませんが、実は引越しの繁盛期とそうでない時期では倍以上も費用に差がでてくることも珍しくありません。

では、具体的に安い月日を見ていきましょう。

まず、費用の安い月は6月、7月、11月などです。
これらは4月や9月10月など引越しが繁盛期となる直後の月で、引越しを希望する人がグッと減るため、費用が安くなる傾向にあります。

次に安くなる日を見ていくと、月の上旬または中旬が比較的安くなりやすい日です。

逆に月末は、賃貸物件の契約終了が多く、引越しを希望する人が増えるため費用が上乗せされる傾向にあります。

そして、最後に安くなる曜日ですが、これは平日ということになります。

引越しは土日にしか出来ないという方が多いため、平日は忙しくないことが多く、安くなるというわけです。

2.交渉する
引越しの際に業者に言われた通りの条件で依頼する方も多くみられますが、交渉も大いに可能です。

例えば、「荷物の量を若干減らすからトラックをもう1サイズ小さいものに出来ないか?」や常連客であることのアピールなども効果があるとされています。

ぜひ、これから引越しを依頼するという方は、一括見積もり後に数社と交渉を行ってみてください。

引越し一括見積もりサービス4社を徹底比較


サービス名 引越し侍 ズバット引越し 引越し達人 TADAZO
提携社数 verygood211社 good210社 average65社 20社
特典 最大10万円キャッシュバック+割引クーポン贈呈 最大10万円現金バック+5種類のお祝い特典 なし チャット機能搭載
会社名 潟Gイチーム 潟Eェブクルー 潟Oライド 潟Oランドツー
安心+お得度 5review_5 5review_5 4review_4 3review_3


Copyright (c) 2014 引っ越しの裏ワザ〜格安で見積もる方法教えます〜 All rights reserved.

▲TOP